年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

神戸天然物化学の平均年収

2021年10月18日 23:17

神戸天然物化学とは

神戸天然物化学とは、精密機械業, 電気・電子業を営む兵庫県の上場企業です。
企業名 神戸天然物化学
本社所在地 神戸市中央区港島南町七丁目1番地の19
売上高 60.3億円
社員数 282人
平均年収 611万円
推定初任給 27万円
年収偏差値 58.5
平均年齢 41.2歳
平均勤続年数 10.5年

有価証券報告書によると神戸天然物化学の事業内容は次の通りです。

(1) 当社の事業の内容について

 

当社は、有機化学品の研究・開発・生産ソリューション事業を主たる業務としております。より具体的には、顧客の製品開発及び製品販売のために行う研究、開発及び生産活動における必要なサンプル及び製品を供給するとともに、顧客の製品開発段階に応じた諸課題を解決するサービスを提供しております。

これらのサービスは顧客と密に協力を行いながら実施し、より迅速な製品開発等を支援することを通じて、社会へ新たな医薬品・工業製品等を提供できるものと認識しています。

対象としている有機化学品は、主に医薬分野、情報電子分野等で用いる有用な機能を持った化学品及びその中間体であり、より汎用的な化学品を原料として製造いたします。

 

(2) 当社の事業の特徴について

 

化学品の研究開発は、目的の機能を持つ化合物の化学構造を推測し、それを実際に合成し、機能を評価することで前進します。この時、目的とする機能が得られなければ再度化学構造を考えるというサイクルを繰り返します。機能評価は、医薬、農薬、染料等の個々の製品により、独自の評価技術が必要ですが、化合物の合成は、製品の機能に関わらず有機合成化学の技術により達成できます。従って、製品開発を行う会社は機能を持つ化学品の構造式を提示し、当社は提示された化合物を合成するという分業が可能となります。

化合物の合成自体にも研究要素があり、提示された化合物の合成方法を考え、合成して、その化合物の純度(注1)や収率(注2)あるいは経済性等を評価し、これらが目標以下であれば再度合成方法を考えます。

 

注1  合成できた物質の中で機能を持つ目的の物質が占める割合を意味します。

注2  理論的に得ることが可能な目的物質の最大量に対して、実際に得られた量の比率を意味します。

 

製品開発会社が、機能性評価や合成等の全ての工程を行っていた中から、合成の部分を当社が請け負うことにより、製品開発会社は機能評価研究等に経営資源を集中できます。当社で担当した化合物合成については、化合物合成研究の結果を併せて報告することにより、単純な合成受託では得られない付加価値を生み出しています。製品開発会社と当社の協力により、研究開発期間が短縮され、製品開発の効率の向上につながります。

当社では、研究・開発から量産ステージまで、化合物合成に関する顧客の提案や改良要求を具体化して研究開発用の製品として供給すると共に、上市後の量産へ向け製造方法の課題・対策を提案するというソリューションを提供いたします。

当社は、顧客の製品開発ステージが研究・開発から量産へと上がるのに伴い、ステージに応じたソリューションを提供し、製品開発の進捗とともに成長するモデル(ステージアップ・グロース)を目指しております。

 

なお、当社では顧客の製品開発における各開発段階を下表に記載する通りに認識しており、これらに最適なソリューションを提供することで、製品開発・製造販売の支援が可能であると考えております。下記の表にステージ別の顧客目的及びニーズを示します。

 

ステージ

目的

ニーズ

研究

化合物選択

多くの候補化合物の中から目標の機能を示す化合物を選択すること

評価用のサンプル(通常は少量)を早期に入手すること

開発

製品開発

選択した化合物に必要な材料等を混合したり、成型したりして市場で流通する形態の製品とすること

開発用に多量のサンプルを入手すること(その品質は評価用と同等以上、時期は顧客の開発スケジュールに合わせたタイミング)

量産検討

量産する場合の製品品質や製造コストを検討すること

量産方法を検討し、開発用サンプルと同等以上の品質の製品が得られることを確認すること

量産

商業販売

商品を生産して販売すること

製品が安定供給されること

 

顧客の製品開発段階が、研究ステージあるいは製品開発の初期ステージの場合、当社は未知の新規化合物の合成、既知であるものの合成困難な化合物の合成、複雑な合成方法の改良、研究開発のための参考化合物の合成及び検討報告書を提供いたします。

顧客の開発候補化合物が決まり、評価用に多量のサンプルを用いる場合や量産に向けた製造方法を検討するステージの場合、当社は開発用のサンプルやその合成中間体の供給、工場で製造するための操業条件の検討、工場で製造した製品の品質確認等を行います。

顧客の製品開発段階が、量産ステージの場合、当社は販売用の製品やその合成中間体を製造いたします。

当社は、研究ステージから量産ステージまで対応できる設備を保有しており、製品開発におけるすべてのステージへソリューションの提供が可能です。

 

このように、研究ステージから量産ステージまで一貫して化学品生産ソリューションサービスの提供を行うことが当社事業の特徴です。

 

(3) 当社の事業セグメントについて

 

 当社の事業セグメントは、有機化学品の研究・開発・生産ソリューション事業のみの単一セグメントであります。以下では事業部門別に主な取扱い製品を記載しております。取扱い製品は研究・開発ステージのものから量産ステージのものまで含んでおります。

 

機能材料事業部門の取扱い製品

 表示材料、半導体製造用化学品、カーボンナノチューブ分散体等

 「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令」の規制対象外の医薬用原料、治験薬用

 原料等

 除草剤、殺菌剤、殺虫剤、昆虫フェロモン及びそれらの中間体

 

医薬事業部門の取扱い製品

 医薬原薬及び中間体

 治験原薬及び中間体

 医薬の研究開発用の化合物

 

バイオ事業部門の取扱い製品

 医薬原薬及び中間体

 治験原薬及び中間体

 医薬の研究開発用の化合物

 抗体医薬製造用の助剤

※画像は省略されています

神戸天然物化学の平均年収は611万円

神戸天然物化学の平均年収は611万円です。 去年の全国平均年収430万円より42.1%高いです。 過去のデータを見ると596万円(最低)から697万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、神戸天然物化学の生涯収入はおよそ2.26億円と推定されます。
平均年収
2016 624万円
2017 697万円
2018 596万円
2019 609万円
2020 611万円

神戸天然物化学の平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上では神戸天然物化学は赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングでは神戸天然物化学は1867位(全4536社)で、年収偏差値は58.5でした。
神戸天然物化学の年収ヒストグラム

神戸天然物化学の年齢別年収

神戸天然物化学の20代の想定平均年収は437万円、30代の想定平均年収は617万円でした。 神戸天然物化学の初任給はおよそ27万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 356万円 27万円
25-29歳 517万円 40万円
30-34歳 595万円 46万円
35-39歳 639万円 49万円
40-44歳 683万円 53万円
45-49歳 724万円 56万円
50-54歳 766万円 59万円
55-59歳 752万円 58万円
60-64歳 589万円 45万円
神戸天然物化学の年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


神戸天然物化学の賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、神戸天然物化学の 平均年間賞与額は79万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2016 41万円
2017 82万円
2018 81万円
2019 73万円
2020 79万円


神戸天然物化学の業種・地域

神戸天然物化学の本社所在地は兵庫県です。兵庫県を含む近畿地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 近畿地方内での年収ランキングは305位(全746社)でした。
※こちらは、実際の企業数とは大きく異なる点に注意してください。多くの企業が本社所在地を東京にしているため、それ以外の地域では企業数が少なくなります。
神戸天然物化学の年収ヒストグラム(近畿地方内)
神戸天然物化学は、業種カテゴリとしては 精密機械業, 電気・電子業に属します。 精密機械業内での年収ランキングは 85位(全171社) 、 電気・電子業内での年収ランキングは 167位(全273社) でした。

精密機械業内での年収ランキング
神戸天然物化学の年収ヒストグラム(精密機械業内)
電気・電子業内での年収ランキング
神戸天然物化学の年収ヒストグラム(電気・電子業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

神戸天然物化学の従業員数は282人

神戸天然物化学の従業員数は282人でした。
従業員数
2016 244人
2017 245人
2018 259人
2019 274人
2020 282人
神戸天然物化学の従業員数

神戸天然物化学の売上、純利益

神戸天然物化学の最新の売上高は60.3億円(売上ランキング3023位)でした。 従業員一人当たりの売上高は2138万円(一人当たり売上ランキング3700位)です。
神戸天然物化学の売上高
神戸天然物化学の最新の純利益は4.00億円(純利益ランキング2468位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約142万円(一人当たり純利益ランキング2583位)です。
神戸天然物化学の純利益

神戸天然物化学に転職するには?

神戸天然物化学に転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

神戸天然物化学の歴史

神戸天然物化学の歴史について年表形式でご紹介します。
1985年1月 神戸天然物化学株式会社を設立
1988年2月 岩岡工場開設
1992年5月 東京営業所開設
1993年10月 市川研究所開設
2001年4月 出雲工場開設
2002年11月 本社移転、神戸研究所開設
2003年10月 米国にKNC Laboratories Inc.,を設立 中国に合弁会社 大神医薬化工有限公司を設立
2003年12月 神戸工場開設
2005年6月 KNCバイオリサーチセンター開設
2007年4月 KNC-筑波ラボラトリー開設
2009年10月 出雲工場開設

神戸天然物化学の類似企業

神戸天然物化学を見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
ラクオリア創薬 751万円 64人
広栄化学 648万円 376人
日水製薬 715万円 249人
ダイトーケミックス 615万円 199人
アバールデータ 712万円 186人
北興化学工業 658万円 636人
ソノコム 481万円 104人
ニプロ 618万円 4150人
石原産業 642万円 1149人
日本セラミック 369万円 260人

神戸天然物化学と平均年収が近い企業

企業名 平均年収
日本電計 593万円
ダイハツディーゼル 604万円
昭和鉄工 587万円
ヤマシタヘルスケアHD 623万円
日本アビオニクス 651万円
北川工業 588万円
セルシード 595万円
萬世電機 581万円
大崎電気工業 610万円
千代田インテグレ 640万円

神戸天然物化学と売上高が近い企業

企業名 売上高
サイボー 57.3億円
Fast Fitness Japan 61.3億円
サンマルクHD 63.6億円
佐賀共栄銀行 58.8億円
京極運輸商事 58.9億円
信越放送 58.8億円
昭和システムエンジニアリング 60.1億円
日東化工 58.4億円
島根銀行 63.6億円
永大化工 64.0億円