年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

デイトナの平均年収

2022年07月19日 22:22

デイトナとは

デイトナとは、自動車業, 自動車部品業を営む北海道の上場企業です。
企業名 デイトナ
本社所在地 周智郡森町一宮4805番地
売上高 78.6億円
社員数 87人
平均年収 645万円
推定初任給 28万円
年収偏差値 59.7
平均年齢 42.94歳
平均勤続年数 15.68年

有価証券報告書によるとデイトナの事業内容は次の通りです。

当社グループは、当社及び連結子会社3社で構成され、二輪車部品・用品を中心に企画・開発及び卸販売並びに小売販売の事業を行っております。当社及び連結子会社株式会社ダートフリークは、二輪車部品・用品の企画・開発及び卸販売を国内及び海外(輸出)で行っており、連結子会社株式会社ライダーズ・サポート・カンパニーは、株式会社コシダテックのフランチャイジーとして千葉県・埼玉県の2店舗において、二輪車部品・用品の小売販売を行っております。在外連結子会社であるPT. DAYTONA AZIA(インドネシア)におきましては、当社同様、二輪車部品・用品及びOEM商品の企画・開発及び卸販売をインドネシアを中心に行っております。

各事業における当社グループ各社の位置づけ等は、次の事業系統図のとおりであります。なお、セグメントと同一の区分であります。

 

[国内拠点卸売事業]

株式会社デイトナ及び株式会社ダートフリークの国内部門においては、二輪車部品・用品の企画・開発及び仲卸店を中心とした卸販売を行っております。
 また、海外部門においては、北米・欧州を中心に二輪車部品の企画・開発及び輸出販売を行っております。

 [アジア拠点卸売事業]

PT. DAYTONA AZIA(インドネシア)においては、二輪車部品・用品の企画・開発及び卸販売をインドネシア中心に行っております。

[小売事業]

株式会社ライダーズ・サポート・カンパニーにおいては、株式会社コシダテックのフランチャイジーとして、関東地方(千葉県柏市・埼玉県上尾市)に2店舗の二輪車部品・用品の小売販売店の展開を行っております。また同2店舗の敷地内及び栃木県宇都宮市において、株式会社アップガレージのフランチャイジーとして中古二輪車部品・用品の販売を行っております。

株式会社ダートフリークにおいては、本社屋1階にて主にオフロードバイク車用の部品、用品の小売販売及びインターネットによる通信販売を行っております。

[その他]

その他につきましては、太陽光発電の売電事業及び、リユースWEB事業を行っております。

※画像は省略されています

デイトナの平均年収は645万円

デイトナの平均年収は645万円です。 去年の全国平均年収430万円より50.0%高いです。 過去のデータを見ると498万円(最低)から645万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、デイトナの生涯収入はおよそ2.39億円と推定されます。
平均年収
2013 507万円
2014 498万円
2015 573万円
2016 561万円
2017 595万円
2018 586万円
2019 590万円
2020 612万円
2021 645万円

デイトナの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではデイトナは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではデイトナは1664位(全4662社)で、年収偏差値は59.7でした。
デイトナの年収ヒストグラム

デイトナの年齢別年収

デイトナの20代の想定平均年収は456万円、30代の想定平均年収は652万円でした。 デイトナの初任給はおよそ28万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 369万円 28万円
25-29歳 543万円 42万円
30-34歳 628万円 48万円
35-39歳 675万円 52万円
40-44歳 723万円 56万円
45-49歳 767万円 59万円
50-54歳 812万円 62万円
55-59歳 797万円 61万円
60-64歳 621万円 48万円
デイトナの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


デイトナの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、デイトナの 平均年間賞与額は52万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2013 21万円
2014 23万円
2015 29万円
2016 30万円
2017 34万円
2018 32万円
2019 35万円
2020 34万円
2021 52万円


デイトナの業種・地域

デイトナの本社所在地は北海道です。北海道を含む北海道地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 北海道地方内での年収ランキングは10位(全66社)でした。
※こちらは、実際の企業数とは大きく異なる点に注意してください。多くの企業が本社所在地を東京にしているため、それ以外の地域では企業数が少なくなります。
デイトナの年収ヒストグラム(北海道地方内)
デイトナは、業種カテゴリとしては 自動車業, 自動車部品業に属します。 自動車業内での年収ランキングは 22位(全47社) 、 自動車部品業内での年収ランキングは 45位(全159社) でした。

自動車業内での年収ランキング
デイトナの年収ヒストグラム(自動車業内)
自動車部品業内での年収ランキング
デイトナの年収ヒストグラム(自動車部品業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

デイトナの従業員数は87人

デイトナの従業員数は87人でした。
従業員数
2013 68人
2014 69人
2015 69人
2016 69人
2017 68人
2018 78人
2019 81人
2020 82人
2021 87人
デイトナの従業員数

デイトナの売上、純利益

デイトナの最新の売上高は78.6億円(売上ランキング2874位)でした。 従業員一人当たりの売上高は9031万円(一人当たり売上ランキング1152位)です。
デイトナの売上高
デイトナの最新の純利益は9.75億円(純利益ランキング2045位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約1121万円(一人当たり純利益ランキング817位)です。
デイトナの純利益

デイトナに転職するには?

デイトナに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

デイトナの歴史

デイトナの歴史について年表形式でご紹介します。
1972年4月二輪車用品の輸出入を事業目的として大阪市東住吉区に阿部商事株式会社(資本金100万円)を設立。
1974年6月ブランド名「デイトナ」の使用を開始。
1992年3月二輪車用品の小売事業を目的として子会社株式会社ライコ(100%出資)を千葉県東葛飾郡沼南町に設立。
1993年3月連結子会社株式会社ライコの1号店「ライコランド千葉店(売り場面積約1,800㎡)」営業開始。四輪車専用ブランド「DCUATRO(ディーキャトロ)」の使用を開始、四輪車用品市場に新規参入。
1995年4月中国のメーカーに発注した商品の米国向け出荷を開始。
1997年6月当社の企画により、英国BSAリーガル社で生産した二輪車の輸入販売を開始。
1998年4月連結子会社株式会社ライコの2号店「ライコランド埼玉店(売り場面積1,550㎡)」営業開始。
2000年1月連結子会社株式会社ネットライダーズ・デイトナを東京都新宿区に設立。
2004年6月連結子会社株式会社ライダーズ・サポート・カンパニーは、二輪車部品・用品の小売店のFC店展開を開始。
2007年4月インドネシアに、アセアン地域の二輪車部品・用品の企画・開発・販売目的の連結子会社PT DAYTONA AZIA を設立し、営業開始。
2008年10月台湾に、台湾国内における二輪車部品・用品の企画・開発・販売目的の支店を設立。
2012年11月太陽光発電売電事業開始。
2013年7月東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場統合に伴い、東京証券取引所JASDAQに株式を上場。
2016年8月沼津市足髙に建設した500kWの太陽光発電システムが稼働開始。
2019年8月愛知県北設楽郡設楽町に建設した750kWの太陽光発電システムが稼働開始。

デイトナの子会社

デイトナの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
㈱ライダーズ・サポート・カンパニー 二輪車用部品・用品の小売販売
PT.DAYTONA AZIA 二輪車用部品・用品の卸売販売
㈱ダートフリーク 二輪車用部品・用品の卸売販売及び小売販売

デイトナの類似企業

デイトナを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
ケーヒン 627万円 3723人
ユーシン 593万円 522人
中山福 542万円 327人
山田製作所 550万円 1385人
ファルテック 570万円 972人
タカギセイコー 460万円 817人
Olympicグループ 538万円 29人
電響社 537万円 167人
アークランドサカモト 452万円 1032人
中央自動車工業 793万円 258人

デイトナと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
マツダ 638万円
コア 601万円
プレス工業 668万円
いすゞ自動車 753万円
バンドー化学 663万円
SHOEI 615万円
日立造船 681万円
小糸製作所 620万円
ダイハツ工業 651万円
東海理化電機製作所 626万円

デイトナと売上高が近い企業

企業名 売上高
マルタイ 79.5億円
ファイバーゲート 81.5億円
カヤック 76.3億円
USEN−NEXT HOLDINGS 81.6億円
輸出入・港湾関連情報処理センター 79.7億円
サン電子 80.5億円
ヒロセ通商 77.8億円
中央ビルト工業 81.0億円
旭松食品 75.7億円
サイボー 77.0億円