年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

イー・ガーディアンの平均年収

2022年12月09日 13:57

イー・ガーディアンとは

イー・ガーディアンとは、インターネット業を営む東京都の上場企業です。
企業名 イー・ガーディアン
本社所在地 港区虎ノ門1−2−8 虎ノ門琴平タワー8F
売上高 76.6億円
社員数 294人
平均年収 514万円
推定初任給 25万円
年収偏差値 52.6
平均年齢 32.5歳
平均勤続年数 3.6年

有価証券報告書によるとイー・ガーディアンの事業内容は次の通りです。

 当社グループは、当社及び連結子会社7社(イー・ガーディアン東北株式会社、EGテスティングサービス株式会社、EGセキュアソリューションズ株式会社、株式会社グレスアベイル、株式会社ジェイピー・セキュア、E-Guardian Philippines Inc.、E-Guardian Vietnam Co.,Ltd.)により構成されており、ソーシャルWEBサービス(※1)を運営するクライアントに対し、当該ソーシャルWEBサービスに投稿されるコメント等への監視サービスを提供するインターネットセキュリティ事業を展開しております。

 現在、WEB上には、PCやモバイルによるコミュニティサービスの活性化を目的としたコンテンツやアプリケーションが多数存在しており、ソーシャルWEBサービスには、利用者が集まり、投稿するといったプラットフォームが増加しております。

 しかしながら、当該ソーシャルWEBサービスに投稿されるコメント等の中には社会通念上不適切と考えられる内容や犯罪を誘引する内容が含まれる場合もあり、各種不適切なコメントをソーシャルWEBサービス上に掲載することは、当該ソーシャルWEBサービスの評判等を毀損するだけでなく、ユーザーが被害に遭うことにつながります。

 そこで、当社グループでは、ソーシャルWEBサービスを有人及びシステムによって監視することにより、ソーシャルWEBサービス上に各種不適切なコメント等が掲載されることを防止しておりますが、投稿監視業務だけに特化するのではなく、投稿データの傾向や利用者属性を分析し、クライアントに対し、マーケティングや企画開発に利用可能な情報提供やコンサルティング等のサービスも行っております。

 

用語説明

(※1)SNSやブログ等のソーシャルメディアや、ソーシャルゲーム、ソーシャルコマースなどの個人同士双方向のコミュニケーションが介在する全てのインターネットメディア。

 

インターネットセキュリティ事業は、以下の4つの業務で区分しております。

1:ソーシャルサポート

 近年急成長しているソーシャルメディアにおいて、監視・カスタマーサポート(以下「CS」という)だけではなく、運用や分析といった多種多様な新サービスの展開や既存顧客への深耕営業に注力いたしました。加えて、拡大するシェアリングエコノミー(※2)分野において、シェアリングエコノミー本人認証サービスの提供を開始いたしました。取引先の信頼性担保が課題となっていることから、サービス開始時の本人認証を提供し、運営事業者の本人認証対応に係るリソース削減に貢献いたします。

 

用語説明

(※2)自動車、住居、及び衣類等、個人保有の資産等を貸出しする、または貸出しを仲介するサービス。

 

2:ゲームサポート

 豊富な運用実績とノウハウの蓄積により既存顧客との関係の強化を目指すと同時に、サービス提供範囲の拡大、日本市場に参入する中国系及び韓国系海外ゲーム企業の多言語カスタマーサポートの受注に注力いたしました。また、ソーシャルメディアの普及によりユーザーの発信手段が多様化し、ニーズやリスクの発見が困難となったことを背景に、ゲーム向けアクティブサポートサービスの提供を開始いたしました。ユーザーに対し広範囲のサポートを行うことにより、サービス満足度向上及び離脱防止に貢献いたします。

 

3:アド・プロセス

 既存の広告審査業務だけでなく、広告枠管理から入稿管理、広告ライティング等の提供サービスの拡大に注力するとともに、派遣・常駐型と地方センターを組み合わせた効率的な運用により競合他社との差別化を図り、既存顧客への深耕営業に注力いたしました。加えて、長時間労働の是正を背景にBPOサービスニーズが拡大したため、RPA(※3)ツールを自社開発し、業務の自動化による効率化及び正確性の向上を推進しております。

 

用語説明

(※3)Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略称。機械学習及び人工知能等を活用した業務の効率化・自動化の取り組み。

 

4:その他

 サイバーセキュリティ分野におきましては、EGセキュアソリューションズ株式会社は、情報家電や自動車、オフィス機器、工場設備等あらゆるモノがネットワークを介してつながるIoTのセキュリティが重要な経営課題となっていることを背景に、IoTセキュリティコンサルティングサービスを提供しております。また、電子デバイスに対するデバッグ事業におきましては、EGテスティングサービス株式会社は、既存顧客への深耕営業や新規開拓を図り、シェア拡大を目指してまいりました。

 

 なお、各業務の具体的内容については以下の通りです。

 

[①:投稿監視業務]

 投稿監視業務では、ソーシャルWEBサービスを運営する当社グループのクライアントに対して、当該企業の要望に応じて一般利用者から投稿されたコメント、画像、動画等が違法の可能性のある内容、個人情報、誹謗中傷を含む内容でないか、ソーシャルWEBサービスの評判、イメージ、ブランド等を損なう可能性がある内容ではないか、犯罪を誘引する内容ではないかをクライアントに代わって監視するサービスの提供を行っており、目視件数に応じて収入を得ております。

 また、クライアントの多様な要望に応じる観点から、監視基準を持っていないクライアントに対して、顧客属性に対応した監視業務コンサルティングも行っております。

 投稿監視業務の開始までのフローは、まず、ソーシャルWEBサービスを運営するクライアントから投稿監視サービスに関する依頼を受け、当社グループが、当該クライアントの要望に基づき、予算や掲載基準の有無、ユーザー層、監視の時間帯などを調査します。その調査結果に基づいて、クライアントにとって最適な掲載基準や投稿監視サービスの運用方法について提案をいたします。

 その後、受注が決定次第、当社グループ内の監視体制を整備し、当該クライアントの運営するソーシャルWEBサービスの投稿監視を開始するとともに、クライアントへ日次報告や週次報告、月次報告をすることで投稿の傾向や件数等のレポーティングを行いクライアントから収入を得ております。

 なお、ここでいう「監視」とは、クライアントと取り決めた掲載基準に従い、当社グループセンターに配備するインターネット端末から当社グループのオペレーター(※4)が、当該クライアントが運営するソーシャルWEBサービスを24時間365日「人の目」による目視チェック及びシステム監視を行い、投稿されたコメント等に対し、インターネット上に反映される前、もしくは、すでにインターネット上に反映されているコメントに対して掲載基準に合致するか否かを判断し、基準に合致しないコメント等を削除することをいいます。

 当社グループでは、掲載基準に合致するか否かを判断するために掲載基準定義書を作成しており、例えば、その中に個人情報削除基準を設定した場合、個人の住所について、都道府県・市区町村は掲載可、丁目番地以下は掲載不可とし、メールアドレス電話番号については、携帯メールアドレス・PCメールアドレス・電話番号・著名人の電話番号、アドレスの明記・問い合わせアドレスはすべて掲載不可とする等具体的な項目ごとに掲載可否判定基準を設定しております。

 また、品質管理部署を設置し、判断誤りを低減するために品質管理担当者が、判断誤りに対する改善策の検証、フォローを実施することで、品質を維持、向上させるための体制を整備しております。

 以上のような事業活動により、当社グループは、悪質ユーザーを排除し、クライアントのソーシャルWEBサービスの健全化及び評判等の向上に努め、クライアントのソーシャルWEBサービスの活性化に繋げております。

 

用語説明

(※4)ソーシャルWEBサービスに投稿されるコメント、画像などを掲載基準に合致するか否かを目視する当社グループの契約社員、又は、メールや電話によるテクニカルサポート業務を担当する当社グループの契約社員。

 

[②:風評調査業務]

 インターネット上で公開されているブログや掲示板などの情報から、クライアントの企業や製品・サービスに対する風評等を調査する業務を行っております。

 具体的には、検索エンジンにて特定ワードで検索をかけ、ヒットした内容を目視します。該当の投稿(例えば、ネガティブなワードや商品に関する評判)を拾い出し、クライアントに報告いたします。

[③:広告審査業務]

 インターネットやモバイルの普及により、多くの企業がインターネットを通じて商品・サービスを取り扱うようになり、各企業の顧客獲得の争いが過熱した結果、訴求力が強く、消費者の目を引く広告がインターネット上に溢れ、商品・サービスを本来以上の内容と誤認させてしまうトラブルが発生しております。このような環境のもと、インターネットの広告媒体や複数店舗が出店するサイト・モールなどに掲載される広告・サイト上のテキスト・画像情報などに対して、景品表示法、特定商取引法、薬事法等の各種関連法規及び顧客の掲載基準に基づいて、その基準に違反していないかを審査する業務を行っております。

 

[④:CS業務]

 CS業務では、ソーシャルゲームをはじめとするソーシャルWEBサービス利用者からのメールや電話によるテクニカルサポート業務及び入退会などの問い合わせ対応等のヘルプデスク業務を行っており、対応件数に応じて収入を得ております。

 ソーシャルWEBサービスにおいては、利用者からの問い合わせも多く、運営する当社グループのクライアントに代わって対応しております。

 また、すでに当社グループのクライアントと投稿監視業務を請け負っている場合、掲載基準の取り決めを行っているので、操作方法に関する問い合わせやクレーム以外にも、ユーザーのアカウント停止やコメント削除に関する問い合わせの回答例も用意することができ、迅速な対応も可能です。

 

[⑤:オンラインゲームサポート業務]

 オンラインゲームでは、基本プレイが無料で提供されることが多くユーザーのスイッチングコストが低いため、オンラインゲームそのものの面白さに加え、運営するクライアント側での運営管理の品質低下(例えば、ゲーム内でのイベントの回数が少ない、不正ツールを使っているユーザーへの迅速な対応など)が、利用者の離脱傾向を左右する傾向にあります。そのため、オンラインゲームサポート業務では、インターネット上でのオンラインゲームを運営するクライアント向けにゲームマスター業務(※5)をはじめ、ゲーム内及びWEBサイト上の掲示板等の投稿監視業務、サーバ監視業務、ユーザーからの通報・問い合わせ対応業務など、オンラインゲームの運営をサポートする各種業務全般の提供を行っており、対応内容に応じて収入を得ております。

 

用語説明

(※5)オンラインゲームにおいて、ゲーム内特定地域でのキャラクター・イベント動作の観測チェックを行い、また、不正ユーザーへの対処やゲームユーザーからの要望対応、さらにゲームにログインしパトロールや誘導を行うサポート業務。

 

[⑥:デバッグ業務]

 デバッグ業務では、ソーシャルゲーム、スマートフォンのアプリ等に係るソフトウェア製品を対象に、事前にレビューを受けたテスト項目書に基づき、効率的に機種依存エラー(画像非表示、文字化け、レイアウト崩れ、文字切れなど)の問題を検証するため、基本的な動作チェックだけではなく、複合動作チェックまでを行っております。
 また、開発者が予期しない不規則な動作をユーザーの目線から行うことにより、操作不能バグや強制終了、イレギュラーな操作による致命的なバグを検出する業務を行っており、対応内容に応じて収入を得ております。

 

 

[事業系統図]

 当社グループの事業の系統図は以下の通りであります。

1.当社は、2020年10月1日付で、株式会社グレスアベイルの発行済株式の35.7%を追加取得し、完全子会社としました。

2.当社は、2020年10月12日付で、株式会社ジェイピー・セキュアの発行済株式の100%を取得し、完全子会社としました。

3.当社は、2021年7月9日付で、E-Guardian Vietnam Co.,Ltd.を設立しました。

4.2021年10月1日付で、EGセキュアソリューションズ株式会社は当社の100%子会社である株式会社グレスアベイルおよび株式会社ジェイピー・セキュアを吸収合併しております。

※画像は省略されています

イー・ガーディアンの平均年収は514万円

イー・ガーディアンの平均年収は514万円です。 去年の全国平均年収430万円より19.7%高いです。 過去のデータを見ると434万円(最低)から514万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、イー・ガーディアンの生涯収入はおよそ1.90億円と推定されます。
平均年収
2013 488万円
2014 434万円
2015 468万円
2016 482万円
2017 448万円
2018 481万円
2019 494万円
2020 514万円

イー・ガーディアンの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではイー・ガーディアンは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではイー・ガーディアンは3337位(全4661社)で、年収偏差値は52.6でした。
イー・ガーディアンの年収ヒストグラム

イー・ガーディアンの年齢別年収

イー・ガーディアンの20代の想定平均年収は381万円、30代の想定平均年収は519万円でした。 イー・ガーディアンの初任給はおよそ25万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 319万円 25万円
25-29歳 443万円 34万円
30-34歳 503万円 39万円
35-39歳 536万円 41万円
40-44歳 570万円 44万円
45-49歳 601万円 46万円
50-54歳 633万円 49万円
55-59歳 622万円 48万円
60-64歳 498万円 38万円
イー・ガーディアンの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


イー・ガーディアンの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、イー・ガーディアンの 平均年間賞与額は34万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2013 42万円
2014 42万円
2015 50万円
2016 73万円
2017 54万円
2018 56万円
2019 59万円
2020 34万円


イー・ガーディアンの業種・地域

イー・ガーディアンの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは2183位(全2825社)でした。
イー・ガーディアンの年収ヒストグラム(関東地方内)
イー・ガーディアンは、業種カテゴリとしては インターネット業に属します。 インターネット業内での年収ランキングは 135位(全206社) でした。

インターネット業内での年収ランキング
イー・ガーディアンの年収ヒストグラム(インターネット業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

イー・ガーディアンの従業員数は294人

イー・ガーディアンの従業員数は294人でした。
従業員数
2013 113人
2014 118人
2015 131人
2016 147人
2017 169人
2018 165人
2019 169人
2020 294人
イー・ガーディアンの従業員数

イー・ガーディアンの売上、純利益

イー・ガーディアンの最新の売上高は76.6億円(売上ランキング2908位)でした。 従業員一人当たりの売上高は2605万円(一人当たり売上ランキング3502位)です。
イー・ガーディアンの売上高
イー・ガーディアンの最新の純利益は9.54億円(純利益ランキング2070位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約324万円(一人当たり純利益ランキング2050位)です。
イー・ガーディアンの純利益

イー・ガーディアンに転職するには?

イー・ガーディアンに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

イー・ガーディアンの歴史

イー・ガーディアンの歴史について年表形式でご紹介します。
1998年5月 大阪府大阪市西区西本町に株式会社ホットポットを設立
1998年7月 DDIポケット端末上で携帯コンテンツ配信事業として公式コンテンツサービス開始
1999年4月 EZ-web公式コンテンツ及びJ-sky公式コンテンツにて、携帯コンテンツ配信事業として公式コンテンツサービス開始
2000年1月 i-mode公式コンテンツにて携帯コンテンツ配信事業として公式コンテンツサービス開始
2001年6月 コールセンター事業開始
2001年12月 人材派遣事業開始
2003年4月 当社グループ内でインターネット掲示板における掲示板投稿監視事業を開始
2004年4月 当社グループ内でソフトウエア開発を行うため当社100%子会社として株式会社BQを設立
2009年4月 掲示板投稿監視事業の一環としてオンラインゲームサポート業務開始
2010年12月 東京証券取引所マザーズに株式を上場
2014年10月 デバッグ業務に特化したトラネル株式会社を新設分割により設立
2016年2月 リアル・レピュテーション・リサーチ株式会社を設立
2016年9月 東京証券取引所市場第一部に市場変更
2017年7月 海外進出を図るためフィリピンにE-Guardian Philippines Inc.を設立
2021年7月 E-Guardian Vietnam Co.,Ltd.を設立

イー・ガーディアンの子会社

イー・ガーディアンの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
(連結子会社) イー・ガーディアン 東北㈱ インターネット セキュリティ 事業
EGテスティングサービス㈱ デバッグ事業
EGセキュアソリューションズ㈱ 情報セキュリティ 関連事業
E-Guardian Philippines Inc. インターネット セキュリティ事業
E-Guardian Vietnam Co.,Ltd. インターネット セキュリティ 事業
㈱グレスアベイル クラウド型 セキュリティ製品開発業務
㈱ジェイピー・セキュア ソフトウェア型 セキュリティ製品開発業務

イー・ガーディアンの類似企業

イー・ガーディアンを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
はてな 600万円 167人
エルテス 502万円 103人
ポールトゥウィンHD 763万円 9人
ジモティー 581万円 44人
Orchestra Holdings 632万円 12人
CRGHD 541万円 35人
ベルシステム24HD 637万円 235人
サイバー・バズ 597万円 118人
アディッシュ 408万円 221人
ホットリンク 614万円 75人

イー・ガーディアンと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
フィスコ 512万円
スマレジ 480万円
ZOZO 573万円
カラダノート 445万円
ディップ 490万円
INEST 446万円
フォーサイド 557万円
ベルーナ 533万円
博展 539万円
オークファン 540万円

イー・ガーディアンと売上高が近い企業

企業名 売上高
シグマ光機 77.0億円
オーケー食品工業 78.5億円
チタン工業 76.1億円
東邦HD 73.1億円
日本住宅ローン 73.0億円
グローバルダイニング 79.7億円
テセック 74.1億円
ジェイエスエス 75.5億円
デジタルアーツ 80.0億円
セキド 73.8億円