年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

日本管財の平均年収

2022年08月28日 17:19

日本管財とは

日本管財とは、不動産業を営む兵庫県の上場企業です。
企業名 日本管財
本社所在地 西宮市六湛寺町9番16号
売上高 643億円
社員数 5063人
平均年収 356万円
推定初任給 17万円
年収偏差値 43.9
平均年齢 53.7歳
平均勤続年数 7.5年

有価証券報告書によると日本管財の事業内容は次の通りです。

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社18社、関連会社35社及びその他の関係会社1社からなり、事業は一般テナントビルや官公庁施設等の清掃・設備保守管理・工事関連業務、受付・オペレーター等の派遣業務、プロパティマネジメント業務、分譲マンション等の管理組合代行業務、生活環境全般にかかる各自治体の公共施設等の運転管理業務、警備業務、更には不動産ファンドマネジメント業務等、多分野にわたり広くビル等の総合管理業を営んでおります。

事業内容と当社及び関係会社の当該事業にかかる位置付けは次のとおりであり、区分はセグメントと同一の区分であります。

区分

主要業務

主要な会社

建物管理運営事業

複合用途ビル、シティ・ホテル、官公庁施設等の清掃管理、設備保守管理業務及びこれらに関する工事関連業務、昼夜間の常駐保安警備、各種センサーと電話回線を使用し異常発生時に緊急対応する機械警備業務、契約先のニーズによる受付・オペレーター業務

当社
㈱スリーエス
㈱日本環境ソリューション
東京キャピタル
 マネジメント㈱
NSコーポレーション㈱
㈱沖縄日本管財

NIPPON KANZAI USA,Inc.

住宅管理運営事業

分譲マンションや公営住宅等の管理運営業務及びこれらに関する工事関連業務

当社

日本住宅管理㈱
㈱エヌ・ジェイ・ケイ
  ・スタッフサービス

日本管財住宅管理㈱

環境施設管理事業

上下水道関連施設、ゴミ処理施設等の生活環境全般にかかる公共施設における諸設備運転管理業務及びこれらに関する工事関連業務、水質管理業務

㈱日本管財環境サービス

不動産ファンド
マネジメント事業

不動産ファンドの運営・アレンジメント、匿名組合への出資、投資コンサルティング、資産管理

東京キャピタル
 マネジメント㈱

その他の事業

イベントの企画及び運営、印刷・デザイン、製本、不動産の販売及び売買仲介、給与計算アウトソーシング及びコンサルティング業務等

NSコーポレーション㈱
㈱ネオトラスト

 

(注) 1 当社は、㈱エヌ・ケイ・ジェイ・ホールディングスを2021年7月1日付で吸収合併いたしました。

   2 東京キャピタルマネジメント㈱は、㈱日本プロパティ・ソリューションズを2021年7月1日付で吸収合併いたしました。

※画像は省略されています

日本管財の平均年収は356万円

日本管財の平均年収は356万円です。 去年の全国平均年収430万円より-17.1%低いです。 過去のデータを見ると323万円(最低)から356万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、日本管財の生涯収入はおよそ1.32億円と推定されます。
平均年収
2013 323万円
2014 327万円
2015 329万円
2016 333万円
2017 343万円
2018 343万円
2019 348万円
2020 350万円
2021 356万円

日本管財の平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上では日本管財は赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングでは日本管財は4520位(全4662社)で、年収偏差値は43.9でした。
日本管財の年収ヒストグラム

日本管財の年齢別年収

日本管財の20代の想定平均年収は264万円、30代の想定平均年収は360万円でした。 日本管財の初任給はおよそ17万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 221万円 17万円
25-29歳 307万円 24万円
30-34歳 348万円 27万円
35-39歳 371万円 29万円
40-44歳 394万円 30万円
45-49歳 416万円 32万円
50-54歳 438万円 34万円
55-59歳 431万円 33万円
60-64歳 345万円 27万円
日本管財の年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


日本管財の賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、日本管財の 平均年間賞与額は8万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2013 6万円
2014 7万円
2015 7万円
2016 7万円
2017 6万円
2018 7万円
2019 7万円
2020 8万円
2021 8万円


日本管財の業種・地域

日本管財の本社所在地は兵庫県です。兵庫県を含む近畿地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 近畿地方内での年収ランキングは744位(全760社)でした。
※こちらは、実際の企業数とは大きく異なる点に注意してください。多くの企業が本社所在地を東京にしているため、それ以外の地域では企業数が少なくなります。
日本管財の年収ヒストグラム(近畿地方内)
日本管財は、業種カテゴリとしては 不動産業に属します。 不動産業内での年収ランキングは 232位(全241社) でした。

不動産業内での年収ランキング
日本管財の年収ヒストグラム(不動産業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

日本管財の従業員数は5063人

日本管財の従業員数は5063人でした。
従業員数
2013 3805人
2014 3946人
2015 4198人
2016 4388人
2017 4665人
2018 4766人
2019 4923人
2020 5019人
2021 5063人
日本管財の従業員数

日本管財の売上、純利益

日本管財の最新の売上高は643億円(売上ランキング942位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1269万円(一人当たり売上ランキング4386位)です。
日本管財の売上高
日本管財の最新の純利益は56.5億円(純利益ランキング815位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約112万円(一人当たり純利益ランキング3146位)です。
日本管財の純利益

日本管財に転職するには?

日本管財に転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

日本管財の歴史

日本管財の歴史について年表形式でご紹介します。
1965年10月現会長 福田 武が神戸市生田区江戸町96番地で資本金700千円にて日本管財株式会社を設立し、建物清掃管理による業務を開始する。
1972年8月電気、機械設備の補修工事業務を分離し、子会社の㈱日本管財サービス(2017年12月当社に吸収合併)を設立する。
1978年12月常駐警備に関する業務提携を日本警備保障㈱(現 セコム㈱)と締結し、子会社の㈱スリーエスを設立する。
1993年11月大阪証券取引所(当時)市場第二部に株式を上場し、今後の業容拡大と資金調達の多様化を図る。
2000年5月上越市のPFI事業受託により、㈱熊谷組と共同出資にて㈱上越シビックサービスを設立する。
2001年3月大阪証券取引所(当時)の指定により市場第一部に株式を上場する。
2002年2月東京証券取引所の承認により市場第一部に株式を上場する。
2002年8月三菱信託銀行㈱(現 三菱UFJ信託銀行㈱)等との共同出資により、プロパティマネジメント会社の㈱日本プロパティ・ソリューションズ(2021年7月東京キャピタルマネジメント㈱に吸収合併)を設立する。
2005年5月環境エンジニアリング事業を分社化するため、㈱日本管財環境サービスを設立する。
2007年1月不動産ファンドマネジメント事業を分社化するため、東京キャピタルマネジメント㈱を設立する。
2017年2月住宅管理事業を分社化するため、日本管財住宅管理㈱を設立する。

日本管財の子会社

日本管財の子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
㈱スリーエス 建物管理運営事業
㈱日本環境ソリューション 建物管理運営事業
㈱日本管財環境サービス 環境施設管理事業
東京キャピタルマネジメント㈱ 建物管理運営事業
及び不動産ファンド
マネジメント事業
NSコーポレーション㈱ 建物管理運営事業
及びその他の事業
日本住宅管理㈱ 住宅管理運営事業
㈱エヌ・ジェイ・ケイ・スタッフサービス 住宅管理運営事業
㈱沖縄日本管財 建物管理運営事業
日本管財住宅管理㈱ 住宅管理運営事業
NIPPON KANZAI USA,Inc. 建物管理運営事業
合同会社Akaneを営業者とする匿名組合 不動産ファンド
マネジメント事業
合同会社Moegiを営業者とする匿名組合 不動産ファンド
マネジメント事業
合同会社Amairoを営業者とする匿名組合 不動産ファンド
マネジメント事業
合同会社Ruriを営業者とする匿名組合 不動産ファンド
マネジメント事業
合同会社Wakakusaを営業者とする匿名組合 不動産ファンド
マネジメント事業
㈱ネオトラスト その他の事業
㈱上越シビックサービス 建物管理運営事業
㈱ちばシティ消費生活ピーエフアイ・サービス 建物管理運営事業
㈱鶴崎コミュニティサービス 建物管理運営事業
㈱大分稙田PFI 建物管理運営事業
マーケットピア神戸㈱ 建物管理運営事業
㈲北海ゴルフパートナーズを営業者とする匿名組合 不動産ファンド
マネジメント事業
㈱がまだすコミュニティサービス 建物管理運営事業
アイラック愛知㈱ 建物管理運営事業
㈱いきいきライフ豊橋 建物管理運営事業
㈱熊本合同庁舎PFI 建物管理運営事業
㈱資源循環サービス 環境施設管理事業
㈱大分駅南コミュニティサービス 建物管理運営事業
東雲グリーンフロンティアPFI㈱ 建物管理運営事業
㈱FCHパートナーズ 建物管理運営事業
徳島県営住宅PFI㈱ 住宅管理運営事業
Prudential InvestmentCompany of AustraliaPty Ltd 住宅管理運営事業
㈱長与時津環境サービス 環境施設管理事業
医薬系総合研究棟施設サービス㈱ 建物管理運営事業
Keystone PacificProperty Management,LLC 住宅管理運営事業
㈱YOKOHAMA文体 建物管理運営事業
㈱那覇港総合物流センター 建物管理運営事業
㈱さきしまコスモタワーホテル 不動産ファンド
マネジメント事業
㈱ながさきMICE 建物管理運営事業
㈱早良グリーンテラス 建物管理運営事業
㈱名古屋モノづくりメッセ 建物管理運営事業
㈱東京有明アリーナ 建物管理運営事業
天保山ターミナルサービス㈱ 建物管理運営事業
Hawaiiana HoldingsIncorporated 住宅管理運営事業
㈱福岡カルチャーベース 建物管理運営事業
さっぽろシビックパートナーズ㈱ 建物管理運営事業
草津シティプールPFIサービス㈱ 建物管理運営事業
㈱瑞穂LOOP-PFI 建物管理運営事業
大分荷揚リンクスクエア㈱ 建物管理運営事業
日本サービスマスター㈲ 損害保険代理店

日本管財の類似企業

日本管財を見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
プロパティデータバンク 710万円 55人
日住サービス 464万円 252人
ビケンテクノ 363万円 2085人
オオバ 656万円 472人
三菱地所 1265万円 1053人
日本ハウズイング 553万円 2157人
トーセイ 773万円 215人
マイスターエンジニアリング 428万円 879人
ビジネス・ワンHD 459万円 38人
ハリマビステム 388万円 1288人

日本管財と平均年収が近い企業

日本管財と売上高が近い企業

企業名 売上高
サッポロドラッグストアー 627億円
NSD 636億円
オーシャンシステム 640億円
JFEHD 622億円
東京ドーム 677億円
はごろもフーズ 683億円
ヤマダHD 684億円
EIZO 634億円
松屋 595億円
栗本鐵工所 686億円