年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

力の源ホールディングスの平均年収

2022年04月12日 17:01

力の源ホールディングスとは

力の源ホールディングスとは、小売業を営む福岡県の上場企業です。
企業名 力の源ホールディングス
本社所在地 福岡市中央区大名一丁目13番14号
売上高 13.7億円
社員数 35人
平均年収 526万円
推定初任給 24万円
年収偏差値 53.5
平均年齢 38.16歳
平均勤続年数 4.04年

有価証券報告書によると力の源ホールディングスの事業内容は次の通りです。

 当社グループは、当社を持株会社とする持株会社制を導入しており、当社、連結子会社15社及び持分法適用関連会社2社で構成されております。また、国内外において、食材の生産、教育、商品開発、製造、流通、販売までを一貫して手がける事業モデルを志向し、報告セグメントは事業種類別に、博多ラーメン専門店「一風堂」及び一風堂のフードコート業態「RAMEN EXPRESS」に加えて「五行/GOGYO」、「名島亭」、「PANDA EXPRESS」、「因幡うどん」といったブランドを展開する国内店舗運営事業、海外において「IPPUDO」ブランドを中心に展開する海外店舗運営事業、そば・ラーメンの製麺及び卸販売を中心とする国内商品販売事業を主な事業として展開しております。

 企業理念である「変わらないために、変わり続ける」のもと、ラーメンをはじめとする「日本食」の普及と、企業ミッションである“Japanese Wonder to the World「世界中に“笑顔”と“ありがとう”を」”をグローバルに実現することを目指すとともに、より高いレベルでの顧客満足の獲得と更なる企業価値の向上にむけて尽力しております。

 当社グループの事業における関係会社の位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであります。以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。

 なお、当連結会計年度より、各ブランドの事業戦略上の位置づけの変化に伴い、報告セグメントの見直しを行っており、「因幡うどん」ブランドをその他から国内店舗運営事業に報告セグメントの区分を変更しております。

 

① 国内店舗運営事業

 国内店舗運営事業におきましては、「一風堂」ブランドを中核に、「名島亭」や「PANDA EXPRESS」といった複数ブランドの直営店舗の運営事業を行っております。創業時より36年間継続してきた伝統的な「一風堂」に加え、商業施設内のフードコートを中心に展開する「RAMEN EXPRESS」、“ちょい飲みと締めのラーメン”をコンセプトとする「一風堂スタンド」や“サイズも糖質も2分の1”をコンセプトとする「1/2PPUDO(ニブンノイップウドウ)」等の新コンセプトショップの展開も行いつつ、「一風堂」ブランドの更なる進化と価値向上に努めております。

 

イ.主要なブランド及び運営会社は下表のとおりであります。

 

ブランド

主な事業内容

主な運営会社

一風堂

オリジナルブレンド小麦を使用した自家製麺、独自工法による自社生産スープ、居心地の良さと楽しさを追及した店舗デザイン、スタッフ教育等「味」「雰囲気」「サービス」のすべてに拘ったラーメン専門店ブランドであります。「白丸元味」、「赤丸新味」、「極からか麺」を看板商品に、都心路面店、都心ビルイン、ロードサイド等幅広い立地に対して、年齢・性別を問わず、単身からファミリーまで幅広い顧客層をターゲットに店舗を展開しております。

(株)力の源カンパニー

(株)渡辺製麺(注)

RAMEN EXPRESS

2011年より参入した当業態は、より手軽にスピーディーに本格的なラーメンを楽しんで頂くブランドであります。現在は、商業施設内フードコートを中心に出店を拡大しております。

五行

「飲んで、つまんで、締めにラーメン」という新スタイルのラーメンダイニングブランドであります。フランス料理のフランベ技法を取り入れた「焦がし」ラーメンを始め、各種創作ラーメンを提供しております。落ち着いた空間の中で、焦がしの燃え上がる炎の調理パフォーマンスが雰囲気を盛り上げます。

 

 

ブランド

主な事業内容

主な運営会社

名島亭

久留米ラーメンと、福岡長浜の屋台ラーメンをルーツに持つ福岡の老舗ラーメン店ブランドであります。九州ならではの細麺と独特の風味の豚骨スープのラーメンを提供しております。

(株)力の源カンパニー

(株)渡辺製麺(注)

PANDA EXPRESS

看板商品「オレンジチキン」で知られ、米国において約2,000店舗を展開する大手チャイニーズレストランブランド「PANDA EXPRESS」を、日本においてはフードコートを中心に展開しております。

㈱I&P RUNWAY JAPAN

因幡うどん

-

創業70年の老舗「博多うどん」店。福岡市内に8店舗を運営し「博多うどん」の代表格にもあげられております。厳選された食材と昔ながらの製法を守った「出汁」、博多独特のやわらかい「麺」が特徴のうどん業態となっております。

(株)因幡うどん

 

(注)「一風堂」、「RAMEN EXPRESS」、「五行」、「名島亭」で使用するチャーシュー等の製造・販売を行っております。

 

ロ.社内独立支援制度(社内暖簾分け)について

 当社グループにおける国内店舗の運営形態には、直営形態と、社内独立支援制度(社内暖簾分け)による形態があります。社内独立支援制度(社内暖簾分け)とは、店舗運営技術と企業理念への理解度、事業計画等を審査項目とする社内審査を通過した従業員が、当社を退社したのちに会社を設立し代表取締役(店主)となったうえで、当社の展開するブランドの店舗の運営に関する業務を受託する制度であります。

 当社グループの財務諸表への影響としましては、店舗のオペレーション業務をアウトソーシングする形態をとることから、売上高は直営店と同様となり、店主報酬を含めた人件費を中心とする販売費及び一般管理費相当額が、当社の業務委託料として計上されることとなります(店主の会社からすると売上高に相当するものとなります)。独立志向の高い人財が集まる当業界において、店舗運営業務に従事する人財のキャリアプランの一つとして機能することで、人財確保に貢献しているほか、業務委託料は店舗業績に連動するため、店舗業績向上に寄与することや店舗運営への参画意識が高まることで店舗QSC(クオリティー・サービス・クレンリネス)レベルの改善効果を狙うものであります。

 また、上述の社内独立支援制度(社内暖簾分け)以外にも、「一風堂」商標及び営業ノウハウをライセンス供与しロイヤリティを受領する法人暖簾分け制度も推進しており、飲食事業へ造詣の深い外部法人による新規出店や、社内暖簾分け制度を経た法人への店舗の譲渡による展開も併せて進めております。なお、2021年3月末現在において、この制度では22店舗運営しております。

 

② 海外店舗運営事業

 海外店舗運営事業におきましては、海外子会社の統括管理を行う「CHIKARANOMOTO GLOBAL HOLDINGS PTE.LTD.」を中間持株会社とし、日本の代表食であるラーメンをはじめとする日本食を、日本の文化やおもてなしの精神とともに全世界へ普及することを目指し、「IPPUDO」ブランドを中核とした直営店舗の運営、並びに現地運営パートナー企業へのライセンス供与事業を行っております。事業展開エリアは、北米(アメリカ)、欧州(イギリス、フランス)、アジア・オセアニア(オーストラリア、シンガポール、中国・香港、台湾、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、ミャンマー、ベトナム、ニュージーランド)の世界14カ国・地域(日本を除く)に拡大し、今後も世界各国への事業展開を積極的に進めてまいります。

 また、現地における麺、スープ等の製造・販売にも事業を拡大しており、食材の生産、教育、商品開発、製造、流通、販売までを一貫して手掛ける事業モデルのグローバル展開を進める一方、昨今では、国内において店舗を拡大している「RAMEN EXPRESS」の海外展開及び鶏白湯を使用したラーメンのテイクアウト業態としての「KURO-OBI」の展開にも着手しております。

 

 

主要なブランド及び運営会社は以下のとおりであります。

 

ブランド

主な事業内容

主な運営会社

IPPUDO

 

主力商品は日本国内同様に「白丸元味」「赤丸新味」等となっていますが、進出国の多様性に合わせダイニングスタイルの店舗設計を施しているほか、サイドメニューを充実した商品ラインナップを取り揃えております。

「味」「雰囲気」だけでなく、サービスにおいても「メイドインジャパン」を打ち出した「おもてなし教育」を徹底したうえで、各地のカルチャーに合わせたローカライズを実施し、高い集客と客単価の獲得に成功しております。

・IPPUDO NY, LLC

・I&P RUNWAY,LLC

・IPPUDO SINGAPORE

PTE. LTD.

・IPPUDO AUSTRALIA

PTY LTD

・IPPUDO LONDON

CO. LIMITED

・IPPUDO PARIS

・PT.IPPUDO

CATERING

INDONESIA

・台湾一風堂股份有限公司

IPPUDO EXPRESS

アジア・オセアニアの空港などの公共施設や商業施設内フードコートを中心に展開しております。IPPUDOのサブブランドとして、より手軽にスピーディーに本格的なとんこつラーメンを楽しんで頂くためのフードコート専用ブランドであります。

・IPPUDO SINGAPORE

PTE. LTD.

・台湾一風堂股份有限公司

KURO-OBI

アメリカの商業施設内フードコートを中心に展開しております。ニューヨークスタイルを取り込んだフードコート専用ブランドで、店内でのイートインだけでなく、テイクアウトも行える業態となっております。提供されるスープもとんこつと鶏パイタンをブレンドして使用したオリジナルブランドであります。

・IPPUDO NY, LLC

・I&P RUNWAY,LLC

GOGYO

日本の五行同様に「飲んで、つまんで、締めにラーメン」をコンセプトにしたラーメンダイニング業態であります。落ち着いた雰囲気の中、看板商品の「焦がし醤油ラーメン」「焦がし味噌ラーメン」を中心に、様々な和食一品料理も提供しております。

・IPPUDO AUSTRALIA

PTY LTD

 

会社名

主な事業内容

CHIKARANOMOTO GLOBAL

HOLDINGS PTE. LTD.

海外子会社の統括管理、海外ライセンス先の運営指導等

IPPUDO USA HOLDINGS, INC.

米国子会社の統括管理

 

 

③ 国内商品販売事業

 「一風堂」の味をご家庭でもお楽しみ頂くことをコンセプトに開発しております「おうちでIPPUDOシリーズ」の展開並びに、自社ECサイト「麺ズマーケット」における通信販売、業務用を中心とした「信州蕎麦」「つゆ」等の製造及び販売を行っており、一般消費者から飲食企業に至るまで幅広い客層に対して商品を提供しております。

 

主要な運営会社は以下のとおりであります。

 

会社名

主な事業内容

(株)渡辺製麺

コンシューマー向け及び業務用向け麺(そば、ラーメン、うどん等)、つゆ、調味料等(「おうちでIPPUDOシリーズ」)の製造及び販売

 

 

④ その他

 その他の事業として、これまでに培ったノウハウを生かし、業態開発、商品開発、教育を中心とした飲食店のコンサルティング事業、フランチャイズ事業、海外における「中華麺」等の製造・販売及びコンサルティング事業等を行っております。

 

主要なブランド及び運営会社は以下のとおりであります。

 

ブランド

主な事業内容

主な運営会社

イチカバチカ

やわらかな麺とあごダシが特徴の「博多うどん」と「博多焼きとり」等を中心に、博多のローカルフードを体験できるうどん居酒屋等を「イチカバチカ」ブランドで展開しております。

(株)力の源カンパニー

 

会社名

主な事業内容

㈱力の源カンパニー

一風堂等の運営で培ったノウハウをもとに、大手外部顧客企業に対して、商品開発、飲食業態のプロデュース、日系外食企業の海外進出コンサルティングならびに食材の製造卸事業、店舗立ち上げサポート、飲食店運営を行っております。またフランチャイズ事業の展開を見据え、うどんを中心とした飲食店業態「イチカバチカ」ブランドを展開しております。

 

 

 

 事業の系統図は次のとおりであります。

 

 

 

 セグメント別及びエリア別の出店状況は次のとおりであります。

セグメント

エリア

2017年

3月末

店舗数

2018年

3月末

店舗数

2019年

3月末

店舗数

2020年

3月末

店舗数

2021年

3月末

店舗数

国内店舗運営事業

日本(注1)

130

140

149

156

148

海外店舗運営事業

アメリカ

4

9

11

14

13

シンガポール

8

10

11

9

10

オーストラリア(注2)

4

7

8

9

9

イギリス

2

3

3

4

4

フランス

2

3

3

3

3

中国(含む香港)(注3)

22

23

32

32

30

マレーシア(注3)

3

3

5

6

8

台湾(注4)

9

8

11

15

14

タイ(注3)

4

8

16

18

18

フィリピン(注3)

5

5

9

10

10

インドネシア(注5)

2

2

4

5

6

ミャンマー(注3)

-

1

1

2

2

ベトナム(注3)

-

-

1

2

2

ニュージーランド(注3)

-

-

-

1

2

小計

65

82

115

130

131

その他

日本(注6)

3

2

2

2

1

合計

198

224

266

288

280

(注)1.2017年3月末で7店舗、2018年3月末で7店舗、2019年3月末で9店舗、2020年3月末で22店舗、2021年3月末で22店舗のライセンス形態にて運営する店舗が含まれております。

2.2018年3月末で1店舗、2019年3月末で2店舗、2020年3月末で2店舗、2021年3月末で2店舗のライセンス形態にて運営する店舗が含まれております。

3.海外におけるライセンス契約先パートナーの運営する店舗であります。

4.台湾の店舗は、2018年10月に台湾法人を子会社化したことから、ライセンス形態から直営形態に移行しております。

5.インドネシアの店舗は、2017年9月にインドネシア法人を子会社化したことから、ライセンス形態から直営形態に移行しております。

6.2017年3月末で1店舗、2018年3月末で1店舗のライセンス形態にて運営する店舗が含まれております。

7.国内商品販売事業につきましては、運営する店舗がないため、記載しておりません。

 

 セグメント別及びブランド別の出店状況は次のとおりであります。

セグメント

ブランド名

2017年

3月末

店舗数

2018年

3月末

店舗数

2019年

3月末

店舗数

2020年

3月末

店舗数

2021年

3月末

店舗数

国内店舗運営事業

一風堂(注1、2)

87

89

93

93

90

RAMEN EXPRESS

17

25

31

36

35

五行

3

4

3

3

-

そば蔵・そば茶屋

6

3

3

3

1

ブレッドジャンクション

(注3)

4

4

-

-

-

名島亭

3

2

4

5

5

PANDA EXPRESS

1

1

3

6

8

因幡うどん

5

6

6

8

9

その他

4

6

6

2

-

小計

130

140

149

156

148

海外店舗運営事業

IPPUDO(注4)

59

73

104

117

118

IPPUDO EXPRESS

3

2

3

5

5

GOGYO(注4)

1

2

2

2

2

KURO-OBI

2

4

5

6

6

その他

-

1

1

-

-

小計

65

82

115

130

131

その他

イチカバチカ(注5)

3

2

2

2

1

小計

3

2

2

2

1

合計

198

224

266

288

280

(注)1.2017年3月末で7店舗、2018年3月末で7店舗、2019年3月末で9店舗、2020年3月末で22店舗、2021年3月末で22店舗のライセンス形態にて運営する店舗が含まれております。

2.2018年3月末から「SHIROMAU-BASE」ブランドは、一風堂のコンセプトショップとしての扱いへと変更し、一風堂ブランドに含めて集計しております。

3.ブレッドジャンクションにつきましては、2018年4月に4店舗を閉店しております。

4.海外におけるライセンス契約先パートナーの運営する店舗が含まれております。

5.2017年3月末で1店舗、2018年3月末で1店舗のライセンス形態にて運営する店舗が含まれております。

6.国内商品販売事業につきましては、運営する店舗がないため、記載しておりません。

※画像は省略されています

力の源ホールディングスの平均年収は526万円

力の源ホールディングスの平均年収は526万円です。 去年の全国平均年収430万円より22.4%高いです。 過去のデータを見ると526万円(最低)から589万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、力の源ホールディングスの生涯収入はおよそ1.95億円と推定されます。
平均年収
2015 534万円
2016 575万円
2017 550万円
2018 545万円
2019 589万円
2020 526万円

力の源ホールディングスの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上では力の源ホールディングスは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングでは力の源ホールディングスは3065位(全4596社)で、年収偏差値は53.5でした。
力の源ホールディングスの年収ヒストグラム

力の源ホールディングスの年齢別年収

力の源ホールディングスの20代の想定平均年収は383万円、30代の想定平均年収は531万円でした。 力の源ホールディングスの初任給はおよそ24万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 317万円 24万円
25-29歳 449万円 35万円
30-34歳 513万円 39万円
35-39歳 549万円 42万円
40-44歳 585万円 45万円
45-49歳 619万円 48万円
50-54歳 653万円 50万円
55-59歳 642万円 49万円
60-64歳 508万円 39万円
力の源ホールディングスの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


力の源ホールディングスの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、力の源ホールディングスの 平均年間賞与額は70万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2015 71万円
2016 18万円
2017 73万円
2018 73万円
2019 79万円
2020 70万円


力の源ホールディングスの業種・地域

力の源ホールディングスの本社所在地は福岡県です。福岡県を含む九州地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 九州地方内での年収ランキングは76位(全186社)でした。
※こちらは、実際の企業数とは大きく異なる点に注意してください。多くの企業が本社所在地を東京にしているため、それ以外の地域では企業数が少なくなります。
力の源ホールディングスの年収ヒストグラム(九州地方内)
力の源ホールディングスは、業種カテゴリとしては 小売業に属します。 小売業内での年収ランキングは 106位(全242社) でした。

小売業内での年収ランキング
力の源ホールディングスの年収ヒストグラム(小売業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

力の源ホールディングスの従業員数は35人

力の源ホールディングスの従業員数は35人でした。
従業員数
2015 71人
2016 66人
2017 67人
2018 71人
2019 37人
2020 35人
力の源ホールディングスの従業員数

力の源ホールディングスの売上、純利益

力の源ホールディングスの最新の売上高は13.7億円(売上ランキング4026位)でした。 従業員一人当たりの売上高は3925万円(一人当たり売上ランキング2629位)です。
力の源ホールディングスの売上高
力の源ホールディングスの最新の純利益は-24.2億円(純利益ランキング4382位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約-6902万円(一人当たり純利益ランキング4539位)です。
力の源ホールディングスの純利益

力の源ホールディングスに転職するには?

力の源ホールディングスに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

力の源ホールディングスの歴史

力の源ホールディングスの歴史について年表形式でご紹介します。
2005年 8月 アメリカでの飲食事業の展開を図る目的でIPPUDO NY, INC.を設立
2009年 3月 シンガポールでの飲食事業の展開を図る目的でIPPUDO SINGAPORE PTE. LTD.を設立
2009年 5月 シンガポールでの製造機能の拡充を図る目的で、YOU & ME FOOD FACTORY PTE. LTD.を設立
2011年 5月 香港での飲食事業の展開を図る目的で、IPPUDO HONG KONG COMPANY LIMITED(現:RAMEN CONCEPTS LIMITED)をMei Mei Company Limitedと合弁で設立
2012年 2月 台湾での飲食事業の展開を図る目的で、乾杯一風堂股份有限公司を乾杯股份有限公司と合弁で設立
2012年 5月 オーストラリアでの飲食事業の展開を図る目的でIPPUDO AUSTRALIA PTY LTDを設立
2013年 7月 アメリカにおける事業を統括する中間持株会社として、IPPUDO USA HOLDINGS, INC.を設立
2013年11月 海外事業を統括する中間持株会社として、CHIKARANOMOTO GLOBAL HOLDINGS PTE. LTD.を設立 イギリスでの飲食事業の展開を図る目的で、IPPUDO LONDON CO. LIMITEDを設立 フランスでの飲食事業の展開を図る目的で、IPPUDO PARISを設立
2015年 5月 アメリカでの飲食事業の展開を図る目的で、I&P RUNWAY, LLC.をPanda Restaurant Group,Inc.グループと合弁で設立
2016年 6月 博多うどんの老舗店を運営する株式会社因幡うどんを子会社化 ミャンマーでの飲食事業の展開を図る目的で、SINGAPORE MYANMAR INVESTCO LIMITEDとライセンス契約を締結 国内におけるアメリカンチャイニーズレストラン「PANDA EXPRESS」の店舗展開を図る目的で、株式会社I&P RUNWAY JAPANをPanda Restaurant Group,Inc.グループと合弁で設立
2017年 3月 東京証券取引所マザーズに株式を上場

力の源ホールディングスの子会社

力の源ホールディングスの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
株式会社力の源カンパニー 国内店舗運営 国内商品販売 その他
株式会社渡辺製麺 国内店舗運営 国内商品販売
株式会社くしふるの大地 その他
株式会社I&P RUNWAY JAPAN 国内店舗運営
株式会社因幡うどん 国内店舗運営
CHIKARANOMOTO GLOBAL HOLDINGS PTE. LTD. 海外店舗運営
IPPUDO USA HOLDINGS, INC. 海外店舗運営
IPPUDO NY, LLC 海外店舗運営
IPPUDO SINGAPORE PTE.LTD. 海外店舗運営 その他
IPPUDO AUSTRALIA PTY LTD 海外店舗運営
IPPUDO LONDON CO. LIMITED 海外店舗運営
IPPUDO PARIS 海外店舗運営
I&P RUNWAY, LLC 海外店舗運営
PT.IPPUDO CATERING INDONESIA 海外店舗運営
台湾一風堂股份有限公司 海外店舗運営
株式会社STAY DREAM 国内店舗運営
株式会社大河 国内店舗運営

力の源ホールディングスの類似企業

力の源ホールディングスを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
海帆 384万円 72人
プレナス 558万円 1209人
ギフトHD 613万円 54人
フジオフードグループ本社 588万円 33人
フジタコーポレーション 356万円 109人
スーパーバリュー 525万円 420人
共和コーポレーション 421万円 187人
鳥貴族HD 572万円 48人
JBイレブン 572万円 22人
丸千代山岡家 436万円 387人

力の源ホールディングスと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
アミタHD 586万円
アプライド 491万円
ナカバヤシ 473万円
ワッツ 510万円
イズミ 557万円
カンセキ 565万円
サンドラッグ 528万円
アークス 523万円
カワチ薬品 541万円
ゲオHD 485万円

力の源ホールディングスと売上高が近い企業

企業名 売上高
モビルス 12.4億円
相模原ゴルフクラブ 13.5億円
オプテックスグループ 14.2億円
UbicomHD 14.5億円
カワサキ 15.0億円
細谷火工 15.6億円
綜合臨床HD 12.4億円
グルメ杵屋 14.7億円
モンデ酒造 14.6億円
シノプス 12.0億円